保育士

子供を保育する仕事

保育士の仕事は、児童福祉施設などで主に6歳までの子供を保育するのが仕事です。

子供を保護するだけでなく、一緒に遊んで会話し、
子供の感性や知能を育てていくことも大事な仕事です。

保育士は年齢に関係なく続けられる仕事であり、
結婚や出産を行っても仕事をする人が多いです。

保育士には女性が多いですが、
男性のニーズも高まってきており、
看護師と同様に今後は男性も増えると予想されます。

また保育だけでなく、
地域によっては保護者にアドバイスを行うところもあります。

保育士というと保育園で働くようなイメージがありますが、
その他の場所でも働くことが出来ます。

2歳未満の身寄りのない乳児を育てるのが乳児院であり、
ときには生まれたばかりの赤ん坊を引き取る場合もあります。
乳児院では保育園と違い、家に帰らずに子供は乳児院で生活し育てられます。

身寄りがなく、年齢の高い18歳までの子供は児童擁護施設に入ります。
そこでも保育士が活躍し、子供と遊んだり育てたりします。

この施設では、虐待を受けて親元から離れてきた子供もいますので、
そういった子供の心のケアも行います。

知能に障害のある子供や、
不登校や拒食症など精神的な原因により何らかの症状のある子供は障害者施設に入ります。

こういった場所でも保育士は活躍しますが、学校へ行けない子供は、
ここで保育士と一緒に勉強し学んでいきます。

保育士になるには

保育士になるには保育士の資格が必要です。
保育士養成課程のある大学や短大でその学科を修了するか、
通常の大学や短大に行った後に保育士試験を受けるかの2つの方法があります。

保育士養成課程を修了すれば、試験を受けなくても資格が得られます。

資格を得れば保育士として働けますが、
保育園の他に保育所やデパートの託児施設という働き場所もあります。

また子育てをしながら働く女性が増えてきているので、
企業での保育施設を作って保育士を雇うところもあります。

さらには、ベビーシッターとして働く人もいます。
少子化ではありますが、
都市部で子供を預けたいという親は増えているので、保育士の需要は高いです。

女性が働く場合が多いですが、子供を育てて一緒に遊んだりするには体力が要求されます。
元気に動き回る子供に付き合う必要があるので、それに見合う体力が求められます。

また子供の前では極力疲れたり、
体調が悪いなどの表情は見せないようにしないといけないので、
疲れていても顔に出さないことも必要です。

保育士の数としては、年々増えており、ここ数年は毎年500人程ずつ増えています。

都会では騒音問題などで、保育園が退去させられるような事件もありますが、
子育てをしながら働く女性も多いので、保育士は今後も求められるでしょう。