栄養士

栄養士とは

栄養士の資格は、その名の通り栄養に関するエキスパートを表す資格で、
この資格を持っていると、学校の給食メニューの考案や、
レストランのメニューの考案などに携われるほか、料理関係の仕事にその資格を活かせます。

栄養士になるために、通信制の学校を探す方も多いのですが、
残念ながら栄養士の資格を取得できる通信教育制度はなく、
専門学校や大学に通学で通って資格を取得しなければなりません。

管理栄養士の資格においては、栄養士の資格を取得していることが前提で、
通信教育で資格を取れる制度があるようです。

栄養士の仕事は、主に給食関連の仕事が多く、献立を考案し、
それに伴った食材の発注をする。食材が届いたら検品をして調理の指示をだしたり、
配膳の確認や衛生管理などの仕事になります。実際の給食の調理や盛り付けを担当することも。
また、学校給食のお仕事では、保護者の方に栄養指導をする仕事なんかもあるようです。

仕事と給与

給食や病院の食事のお仕事だと時間がかなり不規則で、
朝早くから夜遅くまで働かなければならないこともしばしば。
その割に給与があまりよくないということから、
今は一般事務をしている、という方もいらっしゃいます。

レストランのメニュー考案の仕事などになると、給与面はかなり違ってくるものの、
時間的にはやはり不規則なようなので、きっかり定時に出勤、退社したいという方には向かないのかもしれません。

そのほか、面白い栄養士の方の仕事として、エステの食事指導などのお仕事があります。
最近のエステではいろいろな志向を凝らしているところが多く、
サロンで食事を出したり、美容と健康によい料理教室を開催するところも多く、
そういったサロンでのメニュー考案や栄養指導などのお仕事をしている栄養士さんもいらっしゃいます。

もちろんお客さまへの施術も行いますが、自分の持っている資格を活かしながら、
他の仕事も経験できるので、いろいろな業務をして幅広く働きたい方には向いているようです。

また栄養士の資格を持っていると、仕事に活用できるだけでなく、
自分の食生活や、家族を持ってから家族の食生活にもその資格を活かすことができるので、
取得したいと考える方は多いようです。
料理関連の資格は、プライベートにも活かすことができるため、やはり人気が高いですね。

栄養士の資格を取得後、オーガニック食材についての資格や、
野菜ソムリエの資格を取得するなど、複数の料理関連の資格を取得する方もいらっしゃるようです。