Category Archives: 面白資格特集

江戸文化歴史検定

Published by:

古き良き時代の文化の知識が問われる

歴女と呼ばれる歴史好きな女性におすすめの検定が、
江戸文化歴史検定です。

日本の歴史を振り返ってみると長い年月に渡って戦乱が続いていましたが、
江戸時代になってようやく平和な時代がもたらされました。

この頃に日本文化の象徴ともいえる
様々な生活様式や社会的な秩序が形成されました。

現代の日本は江戸時代よりも経済的には豊かになったとも言えますが、
人との関係が希薄になっているとか、
貴重な自然をないがしろにしているなど、
様々な面で江戸時代の方が豊かだったものがたくさんあります。

改めて先人の知恵を活かし、
失いかけてしまいそうな日本の古き良き心を取り戻して未来に役立てよう!
という趣旨で行われている検定試験です。

参考:江戸文化歴史検定

検定試験概要

3級から1級までの等級があり、それぞれ難易度が異なります。

知識を無理やり詰め込んでもしっかりと頭の中に入らないため、
まずは自分が面白いと感じた部分から勉強をすると効率良く覚えることができるとされています。

基本的な試験対策は公式テキストに沿って学習を行います。

3級では大江戸見聞録初級編から7割程度の問題が出題されます。
公式テキストの内容を何度も読み返しながら学習していれば合格できるレベルだと考えられます。

2級になると大江戸見聞録の内容以外にも
江戸諸国萬案内中級編から5割程度の問題が出題されます。

3級よりも覚える内容が増えることから難易度はアップしますが、
公式テキストの内容に沿って学習しておけば良いです。

1級は江戸博覧強記上級編から出題されますが難易度は最も高くなります。
毎回テーマが変わる今年のお題を学習する場合は、
協会から指定されている参考図書をしっかり読んでおくことが大切です。

また、過去問題も繰り返し解くことが出題の傾向を知るヒントにもなります。
受験に合わせて江戸専門講座を実施していますので、
受験勉強を兼ねて江戸に関する知識を深めることも可能です。

受験資格については3級と2級は特に設定されていませんが、
1級については2級に合格している方だけが受験できます。

3級と2級は併願できますので、
自信のある方は合わせてチャレンジしても良いでしょう。

3級と2級はマークシート、
1級はマークシートに加えて一部記述式の問題が出ます。

試験会場は東京、大阪、名古屋の予定になっており、
受験票が届いた段階で会場が記載されていますのでご確認ください。

申し込みはインターネットからカードまたはコンビニ決済で申し込み可能で、
郵便払込取扱票でも申し込みできます。

合格した方には、特典としてカードタイプの合格認定証が進呈され、
裏面に名前が印字されるようになっています。

警備員検定

Published by:

警備のプロを目指す資格

警備員検定とは正式に警備業務検定という名称で、
国家資格に含まれています。

警備員の仕事は、人の安全を守るという大きな役割があり、
この業務を遂行することは想像以上に大変なものです。

そのため警備の仕事は警備業法という法律によって厳密に定められており、
その内容に沿って適切に仕事を担当することになります。

警備員の種類

警備員といっても様々な種類が存在しており、
お店や遊園地などたくさんの人が集まる場所を担当するのが施設警備員、
工事現場などで交通整理を行なうのが交通誘導警備員、
現金輸送車の警備を行なうのが輸送警備員、
ボディガードとして身辺警護にあたるのが身辺警備員になります。

同じ警備員という立場でもそれぞれ仕事内容が異なるため、
専門性の高いスキルが求められます。

そのため警備員検定でもそれぞれの役割に応じて6種類の資格が存在しており、
各1級と2級が存在しています。

試験概要

警備員検定の2級については性別や学歴に関係無く受験資格が得られます。

誰でも挑戦できる資格になるので
今後警備の仕事に就きたいと考えている方は
積極的に取得を目指すことで就職が有利になると考えられます。

1級については2級に合格してから1年以上の該当する警備の
仕事に従事した実務経験が必須となりますので、
まずは2級合格を目指して経験を積んでから1級合格を目指すという流れになります。

検定試験は各都道府県の公安委員会が実施しており、学科と実技試験が行われています。
他にも登録されている講習機関が行っている特別講習の考査が行われる場合もあります。

いずれの試験も合格率は高めで、
講習については約9割で検定は7割の合格者が誕生しています。
各都道府県で随時実施されていますが、
申し込み窓口になるのは警備会社を通すことになります。

基本的に試験対策は独学でも問題ないとされており、
学科については自分の努力次第で合格レベルに達すると考えられます。

問題になるのは実技ですが、
事前に練習を重ねておけば決して難しいものではにないと言われています。

当日になって緊張のため本来の力が発揮できなかったという
結果にならないように、反復練習が大切です。

バッジについて

検定試験に合格すると資格を取得したことを示すQGバッジを着用できます。

裏面にはシリアルナンバーが記載されており
世界に一つだけのバッジであることを証明しています。

このバッジは国家資格である警備業務検定に合格しており、
警備員として相応しい実力を持っていることを証明するバッジですが、
自費で購入しなければいけません。

資格を持っている方は必ず着けなければいけないものではないため、
必ず取得しなくても問題はありませんが、
やはり警備員としての実力を持っていることを
証明するためにも取得しておいた方が良いでしょう。

インターネット旅行情報士検定試験

Published by:

インターネット旅行情報士検定とは

世の中にはちょっと変わった資格から、
だいぶ変わった資格まで、本当にいろいろな資格がたくさんあります。

ここでは、そんな面白い資格を紹介していきたいと思っているのですが、
今回は「ちょっと変わった」資格、「インターネット旅行情報士検定試験」について触れてみましょう。

インターネット旅行情報士検定試験とは、
その名の通り、インターネットを駆使して旅行情報を得るための能力を図る資格です。

インターネットの仕組みを理解し、
その仕組みを活用することで、
いかに旅行情報を効率的に検索できるかということが求められます。

このインターネット旅行情報士検定試験、
旅行の情報を検索する能力があればいいんでしょ?
というわけではないようで、結構しっかりとしたインターネットの知識を求められます。

インターネットの知識が重要

インターネット旅行情報士検定試験のホームページでは、
問題例をPDFファイルでダウンロードすることが可能ですが、
ちょっと覗いてみたところ、インターネットの知識に関する問題がバッチリ出題されています。

例えば、「プライベートIPとグローバルIPを相互に変換するもの」ってなんだかお分かりになりますか?

あえてここでは回答について触れませんが、
旅行とは何ら関係のない問題ですよね、
覚えてしまえば簡単なのかもしれないけれど、
インターネットの知識がまったくない、ホームページを見たり、
Webメールをするくらいしかインターネットを使ったことがないという方には、
なかなか手応えのある資格のような気がします。

とはいえ、資格の難易度からすると、そこまで高く設定されていないので、
ちょっとインターネットについて勉強したことがある方、
プロバイダ加入から無線LANの設定までを1人で誰にも聞かずに行った方などは、
少し勉強すれば十分に合格できるレベルだと思われます。

面白いのは、情報検索能力を試す問題。
検索能力を試すなんて、なかなか思いつかないなと感心してしまいます。

けれどこうした問題をクリアできれば、旅行情報に限らず、
いろいろな情報をインターネットで得ることが容易になりますので、
かなり実用的な資格かもしれません。

旅行情報をインターネットで検索したり、
チケットの手配をインターネットで行うという方はとても多いかと思います。
今後より旅行情報を得る能力を高めたいという方は、
ぜひこの資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

旅行情報って、探せば探すほどいろいろ出て来るもの、
その情報良し悪しを見分ける能力、より効率的に検索する能力が身に付けば、
もっともっと低予算て楽しい旅行が楽しめるようになるはずです。