TOEIC

TOEICとは

TOEICとはビジネスの場や日常生活での英語による会話力や文章力を測るためのテストのことです。

日本では多くの企業が採用の参考にしているため、TOEICでスコアが高いと就職に有利と言えます。

グローバル化していくこのご時世。英語の勉強と一緒にとっておくと良い資格です。

受験内容とどのくらいの企業が参考にしているのかまとめました。

受験内容

TOEICの試験内容は以下のようになっています。

  • 問題数:200問(リスニング100問・リーディング100問)
  • 試験時間:2時間(リスニング45分・リーディング75分)
  • 試験方式:マークシート
  • 結果:990点満点
  • 申し込みはインターネットかコンビニ端末
  • 受験料:5,275円(税込)

TOEICは一般的な資格試験と異なり、合格点というのがなく、セッション別のスコアとトータルスコアで結果が出ます。

テストごとに難易度によってぶれないようになっているため、その時点での英語能力がわかるようになっています。

就職に有利な理由

エントリーシートにはTOEICのスコアを記入する欄があります。

英検など他の資格もあるのになぜTOEICが優先されているかというと受験者が圧倒的に多いからです。

では、どのくらいのスコアがあると有利でしょうか。

企業によって異なりますが、学生だと600点以上と言われています。

どうしてかというとほとんどの企業では600点を目安としているためです。

楽天やユニクロなどでは社内では英語を公用語としている企業があります。

そのような起業では英語力が必要となるため、600点以上取れるような努力が必要となってくるでしょう。

なお、転職や昇進だと700点以上、海外赴任希望だと850点以上が目安となります。

グローバルな人材を求めている企業だとTOEICのスコアによって足切りがあるので、狙っている企業がどのような起業であるかリサーチしておく必要があるでしょう。

英語力以外にもTOEICが高スコアだと以下の点をアピールできます。

  • 海外志向
  • 目標達成をするためのスケジュール管理能力
  • 向上心

TOEICは高スコアを取るのにどれだけ大変かを多くの人が知っているからこそ何を言わなくても理解してもらえる資格です。

また、TOEICは頑張りがスコアに反映されやすくなっているので、試験回数を重ねるごとにスコアをアップさせることが可能な資格でもあります。

反復練習を重ね問題パターンに慣れていく。

英語に対する基礎力を身につけるには最適な資格です。