Category Archives: 資格勉強の方法

集中を高める方法

Published by:

勉強を効率的に進めるための方法

勉強を効率的に進めていくためには、
集中力を高めるということが非常に重要になってきます。

学生時代に経験したことがあるのではないかと思います。

苦手な教科や嫌いな教科をイヤイヤ勉強しているときというのは
授業がまるで永遠のように感じてしまったり、
反対にそれなりに時間をかけて勉強をしたつもりなのに
ほとんど頭に入ってなかったというような事態があったりします。

人の脳というのは不思議なもので、
集中している時とそうでない時では全く働きが異なり、
同じ時間をかけてもその成果として得られる内容に大きな差がついてしまいます。

自分がとりたいと強く願って始める勉強とはいえ、
難しい資格試験に合格するためには数ヶ月~数年の期間は我慢を重ねなくてはいけません。

そんな時期を乗り越えるために集中力を高めるための方法を身につけ、
短い時間に集中して勉強ができるような習慣を作っていきましょう。

頑張りすぎは逆効果

資格試験について難易度をはかるとき、
その資格を得るために何時間くらいの
学習が必要かという時間で換算して数字にする方法があります。

例えば人気の日商簿記では3級合格のためには合計で50時間は勉強が必要とされていますし、
難関資格である宅建になると350時間はかかると言われます。

この数値は実際に資格に合格した人の勉強時間をもとにしたものなので
かなり信ぴょう性は高いのですが、
誰でも必ずこの時間勉強すれば合格するという保証がされているわけではありません。

だらだらと勉強時間ばかりを長くとっても、
それで頭にきちんと内容を入れることができなければ時間の無駄ということになります。

この勉強時間の目安はあくまでも「集中して勉強した場合」と思い、
だらけた状態ではそもそも勉強時間としては換算されないという厳しい気持ちを持つようにしましょう。

モチベーション維持できる方法をつくる

集中力を高める方法としては、やはりきちんと最終的な目標を明確に、
その時その瞬間にやるべきことをきっちり自分の中に動機づけることが大切になります。

どんな勉強にも言えますが、まず大きな目標を一つ決め、
そこからスケジュールを逆算してその日のうちにするべきことは何かと目標を小分けにしていきます。

いきなり大目標を達成するのは難しいことですが、
その日にできる目標を小さく定め、
それを継続的に追っていくという小さなハードルの連続にすることで
コツコツと努力を積み重ねていくことは出来ます。

毎日のモチベーションを切らさないように、
適度に休憩を入れつつできることからやっていくというスケジューリングをしてみてください。

参考書の選び方

Published by:

自分にあった参考書を見つけるには

通学、通信講座、独学など、
勉強を進めていくときにより理解を深めるための参考書は必要不可欠です。

特に独学の場合はテキストや問題集を全て自分で選ばなくてはならないので、
自分に合った参考書を見つけることができるかどうかが大変に重要になってきます。

通信講座やスクールの場合でも、
配布されるテキストだけではなかなか理解できないということもよくあるので、
一冊わかりやすく要点をまとめてくれている本が手元にあるとかなり安心できます。

ですが人気の資格になると書店やネット通販などにずらりと似たような
タイトルの参考書が並んでいたりもするもので、
どれをどのくらい購入すればよいか迷ってしまったりします。

Amazonなどで探すと人気ランキングがついていたり
レビューが細かく書かれていたりもしますが、
そこで高評価だからといって自分にとってもっともよい本であるかというと、
必ずしもそうではなかったりします。

実際に書店に足を運んでみる

自分にあった参考書を選ぶなら、
やはり一番確実なのは実物を見てみることです。

都内などには大型書店がたくさんあるので、
その中でも参考書に力を入れている、
できたら専用のフロアがあるようなところに行き、
数冊の同じ用途の本を見比べてみることをおすすめします。

一見同じような内容を書いているものでも、
項目を細かくみているとアプローチが違っていたり、
イラストや図解などでわかりやすくしてくれていたりといった個性があることがわかります。

Amazonなどで人気の参考書というのは大抵の場合図解や
イラストが多いものが中心になりがちなのですが、
人によっては余計なイラストやマンガよりも
細かいテキストの方がよいということもあるでしょう。

可能であれば既に少し勉強を進めてみて、
同じ項目についてどんなふうに書かれているかということを比べてみてください。

古本で購入するときには注意

できるだけ安く参考書などを購入したいと思う人の場合、
古本を扱うお店などで同じ本を探すということもよくあります。

資格の参考書は一般的にかなり高額で1冊数千円ということもざらなので、
中古で購入できればかなり費用が安くあがります。

しかし資格試験の場合、
その年度によってかなり問題傾向が異なったり、
法律系の場合条文そのものが大きく変わってしまっている事も考えられます。

中古で購入する場合はできるだけ最新のものを選び、
ネットなどで大きな変更点がないかといったこともチェックしてからの方がよいでしょう。

独学

Published by:

独学で自分のペースの勉強をしていく

自分で勉強を進めていく自信がある人なら、
独学での勉強が最も手軽な方法と言えます。

難関資格と言われる司法書士や行政書士、
公認会計士といった資格であっても、
独学で短期間合格をすることができたという人も実際にはたくさんいます。

決してスクールを利用した場合と比べて不利であるとは言えません。

独学の場合、自分で教材や参考書などを用意する必要があり、
それを選ぶ手間や試験対策のための情報収集という作業が必要になります。

しかしそういったスクールまかせにする部分を自分で行うことにより、
かなり大きく費用を浮かせることができるので、
自分でなんでもやってしまう方が楽という人にとっては向いている勉強法と言えるでしょう。

独学のメリット

独学の最大のメリットは、何と言っても時間的制約がなく自由に勉強ができるという点です。

スクールへ通学をする場合には、
その学校に行くまでの通学時間や授業中という拘束時間がどうしても出来てしまい、
通信講座の場合には月ごとに送られてくるテキストや教材の順序に従って勉強をしていかなくてはいけません。

そうしたスクールや通信講座を利用した場合には、
自動的にスケジュール管理をしてくれるので楽ではありますが、
自分なりに勉強を進めたいと思ったときには少々不便に感じることもあります。

また独学の場合には自分でテキストなどを購入するため、
費用をかなり安く済ませる事ができます。

通信講座を利用した場合には5~10万円を覚悟しなくてはいけないような資格講座も、
自分でテキストを購入すれば2~3万円くらいで十分に揃えることも出来ます。

自分のペースで勉強を進めるクセがついている学生などは、
むしろ自分で勉強の計画を立てるというスタイルの方が順序よく進めることもできるので、
独学でも十分な成果が期待できるでしょう。

独学のデメリット

反対に独学のデメリットと言えるのはその自由度の裏返しとなる自己責任の重さです。

スクール通学や通信講座の場合、
その試験がいつどんな形式で行われ、
今年度はどのような傾向が予想されるかといった分析なども的確に行ってくれます。

一方で独学の場合、勉強を進めるのもそうした情報を集めるのも全て自分でしなくてはならないので、
場合によっては勉強したけれども十分な対策ができずに試験に活かせなかったというような事もあります。

また待っていれば向こうから教材や情報が来てくれる通信講座やスクールと違って、
全て自分から動かなければならないという独学では、
試験期間まで常に能動的でいなくてはいけないという心理的なプレッシャーも出てきてしまいます。

通信

Published by:

通信講座で手軽に必要な知識を身につける

通信講座は現在多くの企業から提供されているサービスです。

今もテレビCMや折込チラシなどで、
非常にたくさんの講座を開いている大手の通信教育の広告を見かけますが、
それらを利用することでかなりの難関資格であっても
効率よく勉強を進めていくことができます。

通信講座を利用するときには、
希望の講座があるかという点、
目標とする資格に対してどのくらい実効性があるかという点を気にして選ぶことが大切です。

また最近では、通信講座の中にはテキスト教材だけでなく、
DVDやe-ラーニングのような動画を使った授業を受けることが出来るものもあるので、
そうした種類の中から自分が続けていくことができやすいものを選ぶとよいでしょう。

通信講座のメリット

通信講座の最大のメリットは、
在宅のまま高品質の授業を受けることができるということです。

何か目指している資格がある場合、そ
の勉強を進めるためには独学・通信講座・スクールへの通学の三種類がありますが、
そのうち独学の時間的なメリットと通学の授業の内容との
両方のおいしいところだけを得られるという便利な面があります。

通学をするよりもかなり費用を安くおさめることもできるので、
短期間で集中的に勉強をしたいという人にも大変おすすめです。

通信講座は、需要の高まりによってかなり広範囲の資格に対応できるようになっているので、
本来ならばスクールに通って実習を受けなくてはいけないような
ネイルやメイクなどの資格も
自宅で動画などを見ながら自分なりの学習を進めていくことができます。

法律系などの難関資格では、
合格までサポートをしてくれるといった再チャレンジができるしくみがあったり、
不明な点は個別に質問に答えてくれるといった
特別なオプションサービスをつけてくれるところもあるので、
自分の適正や時間的余裕などを考えて適したものを選ぶとよいでしょう。

通信講座のデメリット

メリットの多い通信講座ですが、やはりデメリットとなってしまう部分もあります。

まず、独学をするときに比べてかなり費用が高くなってしまうということです。

スクールに通う場合に比べればそれでも安く済みますが、
行政書士や宅建など有名な難関法律系資格を取得する為の講座を受講する場合、
安いところでも5~10万円くらいの金額は覚悟をしなくてはいけません。

さらに通信講座であることから
、自分で勉強のモチベーションを維持していかなくてはならず、
せっかく高い講座料金を支払ったのに結局途中で投げ出してしまうことも考えられます。

申し込みをするときには、
絶対に最後までやり遂げるという強い意志を持って始めるようにしておきたいところですね。

専門

Published by:

専門学校で技術を身につける

高校卒業時に既に何らかの方面への進路がはっきり決まっている人は、
進学先として専門学校を選んだりします。

専門学校の場合、
大学や短大のように専門教科以外の一般教養を勉強する必要が全くなく、
卒業後すぐに役立つ実用的な知識や技術にしぼって学習を進めていくことができます。

またIT系やデジタル系の専門学校などでは、
修得できる単位を自分でいくつか選べるようになっており、
将来的にどういった方面に進みたいかという希望に合わせて学習範囲を組み合わせる事ができます。

専門学校では技術の修得が目的とはっきりしていることもあり、
卒業の時期なども一律に取り扱われることもなく、
必要な資格に合格をしたらそこで通学を終了するなど
自由な時間の使い方ができるというのも魅力になっています。

専門学校のメリット

専門学校卒というと学歴として4年制大学卒や短大卒よりも劣るようにも思われがちですが、
実際の就職の現場においては決して不利ということはありません。

むしろベンチャー企業など実用的な知識や技術を持った
若い人材を多く欲しがっているようなところにおいては、
大学卒などより即戦力となる専門学校生を
優先的に採用しているというようなこともよくあります。

大手の専門学校では入学案内などに「就職率98%」といった
非常に高い数値を掲げているようなところもありますが、

それは学校が既にいくつかの企業と提携をしていて
卒業生が優先的に入れるようになっている枠があったり、
就職課が非常に情報収集に熱心で専門的な求人を多く集めることができているからです。

大学や短大にももちろん就職課はありますが、
より職業に直結している専門学校では
就職を最終的な目的としてかなり具体的な求人を紹介してもらいやすくなります。

高校卒業からストレートで入る人ばかりでなく、
一度社会人となった人にとっても専門学校に入り直すメリットは大きく、
その場合には大学卒の学歴と実務の能力との両方を得ることができます。

社会人として勤務をしながら通うことのできる夜間や土日専門のスクールもあるので、
そうしたところをうまく使っていけばより効率的にキャリアアップをすることができます。

専門学校のデメリット

便利な専門学校ですが、利用をするときにはデメリットになる部分もあります。

まず高校卒業後にストレートに入った場合ですが、やはり気になるのは最終学歴です。

就職に有利とはいうものの、
まだまだ最終学歴によって初任給や昇進を決めている企業もあるので、
あとから入ってきた大卒の人に昇進を抜かれていってしまうということはよくあるケースです。

また短い期間内に多くの技能習得を目指すために、
かなり勉強が忙しかったり、
使用する特殊な教材や機材を購入するため高い授業料がかかってしまうこともあります。

大学とダブルスクールで通うというような人の場合、
年間にかかる費用は相当なものになるので
十分な金額を確保できないとなかなか続けていくのは難しいようです。